聞き上手が売れるコツ!「トップセールス販売員の特徴」3つを紹介!

更新日:

こんにちは!こんばんは!おはようございます!元アパレル販売員コウイチです!

今回は「売れる販売員さんの特徴」を3つ紹介します。

 

記事の信頼性として簡単に自分の実績を書いておきます。

→入社翌月で元店長の販売員に売り上げで勝つ。

→入社1年で店長の話がくる。

→2年目には売り上げコンテストで全国2位(約300名くらいの中で)

→3年目も変わらず全国トップクラス

 

 

✅️こういう人に読んで欲しい。

アパレル販売員をしているが売れない。

売れるようになるには?どこを直せば良いか分からない。

売れるようになって、楽しく仕事がしたい。

 

1.売れる販売員さんは聞き上手。

聞き上手に大切な「コミュニケーション能力」について

よく売れる販売員さんはコミュニュケーション能力が高い。と言われます。

ではコミュニケーション能力とは何か?

 

相手の心を読み取り、相手がして欲しいことをすること

売れる販売員さんは「商品の説明」を必要最低限しか話しません。

 

その商品自体の説明よりも、「他の商品との比較」「自分の持っている服と合うのか?の方が悩みポイントだと分かっているからです。

 

そして、コミュニケーション能力が高い人は「聞き上手」です。

 

お客様の「ライフスタイル」や「好みのジャンル」を聞いた上で商品提案をするので、

「そういう服は着ません。」と言われることが非常に少ないです。

 

聞き上手になるには?気をつけるポイント!

  • 声掛けのタイミング。
  • 自然な笑顔。
  • 相槌のタイミング。
  • リアクションの良さ。
  • 自然に話を広げる。
  • 肯定的な意見、反応。
  • 共感をする。
  • 適切なタイミングで自分の意見を言う。

 

2.距離感を縮めるのが上手い。

距離感を縮めるコツ「自己開示の返報性」

仕事のこと、家族のこと、恋愛のこと…

まだ親しくなっていない販売員さんにプライベートな質問をされたら、あなたはどう感じますか?

 

嫌悪感まではいかなくても、表面的なやりとりで済ませよう。

と多くの人はするでしょう。

 

プライベートな話について、聞き上手な販売員さんは自分から話します。

これを心理学では「自己開示」といいます。

 

 

自分から話すことでお客様も「話してくれたし、私も話してみようかな」と思うようになります。

これを「自己開示の返報性(へんぽうせい)」といいます。

 

自己開示の返報性を繰り返すことにより、自然と距離感が縮まります。

 

 

心理学を使ったテクニックに関して、こちらの記事もオススメします!

心理学を使った販売テクニック「売ろう」と思わないことが「売る力」

 

距離感を縮めると、生まれる現象

✅プライベートなことを自然と販売員さんと話す。

✅販売員さんが共感してくれる。

✅お店が居心地良い空間になる。

✅気分転換に、また来店したくなる。

 

アパレル店員と比較されることが多い、美容師さんも同じことが言えると思います!

一度話したお客様は、全員次回に来てもらえるよう、丁寧に接客しましょう。

 

 

3.買った後のイメージを想像させる。

●必要性をしっかりと伝える。

 

売れる販売員さんは、実際に使っているシーンを提案します。

「~に行ったとき用に」と話すことにより、具体的かつ必要性を伝えることが出来ます。

●具体例

結婚されている方

→「家族で公園に行ったときに、このデニムパンツとパーカーを使って欲しいです。」

 

独身の方

→「今度の休日、デートで是非!勝負服として使ってください!」

 

就職活動・転職活動中の方

→「次の最終面接で爽やかな印象になるので、こちらのスーツをオススメします!」

 

まとめ

  • 売れる販売員さんは聞き上手。
  • 距離感を縮めるのが上手い。
  • 買った後のイメージを想像させる。

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上3つを意識し、行動するだけで売り上げは格段に上がります!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

-ファッション, 販売員

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.