【会社】辞めた方がいい人、続けた方がいい人【独断と偏見】

更新日:

▽この記事を書いているのはこんな人
新卒で入社したアパレル企業を8年勤めた後、
1年半でニート→正社員→派遣社員→正社員→フリーランスと自由に生きる36歳。
妻、息子(9か月)、アプリ(4歳)、コロン(3歳)と楽しく暮らす。
日々、仕事・家事・育児とフル回転。

【会社】辞めた方がいい人、続けた方がいい人【独断と偏見】

脱サラ後、色々な働き方をして感じた
「こんな人は会社辞めた方がいい!続けた方がいい!!」
完全に独断と偏見で語ります。

✅️こんな人に読んで欲しい。

・会社を辞めるか悩んでいる人
 ・会社を辞める基準を知りたい人

 

まず、辞めた方がいい人!

・鬱病(自律神経失調症)になった人、なりそうな人

・スキルが身に付かない仕事

・業績が落ちている会社(将来性がない)

・給与が低く、上がる見込みもない。

・家族との時間が作れない。

鬱病(自律神経失調症)になった人、なりそうな人

問答無用で休む(有給消化など)か辞めてください。その状態で続けても何も良いことがないので。

体調を崩して、復帰するまで長期化している人を沢山見てきました。

傷病手当や失業手当などを活用して、少し休みましょう。お金は後からでも稼げます。何よりも健康が1番大事です。

健康でないと旅行はもちろん、外出すら出来なくなります。

 

スキルが身に付かない仕事

「スキルアップ?クソ喰らえじゃ!単純作業が好きなんじゃ!ほっとけ!」
という人はいいですが。

スキルが身に付かない仕事はオススメしません。

給与は「能力(スキル)」や「経験(年数など)」によって決まります。

スキルアップしないということは、給与が上がりづらくなり人生詰みます。同じ会社にいても徐々に窓際族へ、転職活動しても専門知識や経験が無いといい待遇の仕事に就けません。

時間単価が上がらないので労働時間で稼ぐしかなくなります。

(※もちろん、単純作業をしている人を否定したい訳ではありません。)

 

業績が落ちている会社(将来性がない)

自分自身も業績悪化していたアパレル企業に居ましたので、よく分かります。

業績が悪化するとどう言うことが起こるのか?

結論、コストカットです。

例えると、旦那の給与が減ったら家庭内で何が起こるのか?に似ています。

外食が減り、夕飯のおかずが一品消え、衣類を買わなくなり…と言った具合です。

自分自身が経験したリアルを順に解説していきます。

1.ボーナスが減る。
当たり前ですがボーナスが減ります。利益の余剰金を従業員達に再分配しているだけなので。

2.不振店舗や人員削減
売上の悪い店舗や結果を出していない社員を人員削減

 

給与が低く、上がる見込みもない。

「給与!?そんなものの為に働いているわけじゃねぇー!」と言う方は気にしないでください。

 

家族との時間が作れない。

要するに長時間労働、無駄な残業、無駄な飲み会と、私的に論外の話です。

 

続けた方がいい人はこの逆です。

・健康上問題ない人。

・スキルが身に付く仕事。

・業績が上がっている会社。

・給与が上がる見込み。

・自分で時間の管理ができる。

-サラリーマン生活, 脱サラ, 転職

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.