【体験談】考え方を3つ変えたら、職場のストレス解消できた話【アドラー心理学】

更新日:

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

アパレル企業勤め9年目のコウイチです。

 

あなたはこんな経験ありませんか?

 

①社内と社外の人に「板挟み」になり、どっちからも責められる。

②むしろ、社内でも「板挟み」に合う。笑

③周りに気を使いすぎて疲れる。

 

仕事中、終始疲れてしていたのです。

毎日明るく仕事したい!と。考え方をガラリと変えました。

 

気をつけた点は3つ。

体験談なので、少しでも参考になれば嬉しいです。

✅️こういう人に読んで欲しい。

●人の目や、評価ばかり気にしてしまう。
 ●頑張っても劣等感が消えない。
 ●人と比べがち。

 

あとで読んだ、有名な「嫌われる勇気」とリンクしていたので合わせて解説!

 

「嫌われる勇気」とは・・・

自己啓発の父と言われるアルフレッド・アドラーが提唱したアドラー心理学を解りやすくまとめた本で、

160万部を超える大ベストセラーとなった1冊。

心理学者ではフロイト・ユング・アドラーで三大巨頭とも言われている。

 

自分でコントロールできる範囲だけに集中する。

 

アドラー心理学だと→「課題の分離」

自分でコントロール出来ないことは考えることすらするな!承認欲求を捨てろ!


【具体的な行動】

自己責任でやれる事はやって、あとは人から何言われてもいいや!

死ぬわけじゃないし。

一生この会社で役員になってやる!とも思ってないし…といった感じ。

 

みんなが残業してても速攻で帰る。

今日中に終わらせなきゃいけない仕事が、ある場合は勿論残業する。

ない場合は ”ジム” 行って気分転換しよう!

友達と飲みに行こう!

人の目を気にしないだけで、ライフスタイルは大きく変わった。

 

ちなみに誰からも「早く帰ってるなよ!」とかは言われていません。

意外とそんなもの。

むしろ、仕事の ”段取りが良い" と褒められる位だった。笑

類義語)

  • 人から嫌われることを恐れない。
  • 承認欲求に奴隷になるな。
  • 人から認められることじゃなく、自分のしたいことをする。
  • あなたの人生の主役は他の誰でもなく、あなたしかいない!
  • 他人の人生を生きるな!

 

ダメな思考例)

  • 上司に認めて欲しいから残業する。
  • 親に褒められたいから勉強頑張る。
  • 人に認められたいたら名門大学や大企業を目指す。

 

これらは全て他の人に認めて欲しいと言う承認欲求であり、

誰しも心当たりがあるものだと思います。

しかし、アドラーがストップするのは承認欲求の危険性。

 

承認欲求に支配される→人の評価でしか自分の価値を実感できなくなった人は、認めてもらうためだけに行動するようになる。

怒られたくないから残業をやり、すごいと言われたいから有名大学や大企業を目指し、

人の目を気にして自分の意見を発言するのも怖い。人の期待に沿った人生。

その先にあるのは自分らしさが無く、理想や幸せとは程遠いもの。

他者の評価に怯え、減点を気にする人生で「結局、俺は一度きりの人生で何がしたいのか?」となる。

 

承認欲求に支配されない為には? → アドラーの答えは "課題の分離"

 

課題の分離とは?

自分でコントロールできない問題は気にするな。

 

「嫌われる勇気」では、

”馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲むかは馬次第。”

と分かり易く解説しています。

 

課題の分離とはその名の通り「自分の課題」と「他者の課題」を明確に分けること。

承認欲求に負けてしまうのは、この課題の分離が正しくできていないからである。

 

もし、あなたが大学を辞めてデザイナーになることが正しい道だと思ったら、

その決断を親が認めてくれるかどうかはあなたの課題ではなく、親の課題。

気にしてはいけないというのがアドラーの答え。

 

誰の課題なのかを明確に区別し、人の評価ではなく無く、自分の信じる道を選ぶ!

と言う自分の課題に集中することがまずは重要

過去の失敗に囚われず自分がやりたいようにやる!出来る理由だけを探す!

 

アドラー心理学だと・・・原因論の否定→「目的論」

 

原因論とは・・・過去に~という原因があったから、今の結果がある。

目的論とは・・・~という目的があるから、その為に行動をしている。


【具体的な行動】

以前までは「過去にこういうデザインは、上司がダメだと言っていたから」と

まさに過去のトラウマに縛られた考え方

仕事が進みそうな企画を提案していた。

 

→後悔しないよう、こういうのを世に出してみたいと

「自分がやりたいこと」を最優先で企画案を提示するようにした。

上司の”OK”貰うことは大事ですが、売れる企画をすることが目的。

 

そもそも上司の言う通りしていれば、100%売れるものが造れるわけではないので。

提案以降は自分のコントロールできる範囲ではないので気にしない。


類義語)

  • トラウマに縛られるな!
  • アドラー曰く、そもそもトラウマなど存在しない。
  • ネガティブな発言をすると自分に暗示をかけていくことになる。
  • 要するに言い訳しないで、ポジティブに捉える。

 

ダメな思考例)

  • 一人っ子だから昔から暗い。
  • 今後も、きっと人とコミュニケーション取れない。
  • 両親が離婚しているから俺も結婚うまくいかない。

 

原因分析をするより

→ 結局自分はどうしたいの?

→ そうしたら何をすればいいか?

→ どうすればもっと上手くいのか?

 

サラリーマンだと、「怒られない」を「自分の目的」にしがち。

これは幼少期の教育からのトラウマに縛られた価値観。

 

アドラーは「過去の経験は、自分に影響を与えているが、下す決断や行動には関係がない。」

「今何ができるかを考えること」が大切だと語っています。

共通の趣味でコミュニティーを作る。仕事だけの関係を終わらせる。

 

アドラー心理学だと

縦の関係を作るな。

相手を褒めるな!感謝しろ。

どれだけ人に褒められるか?ではなく貢献するか?


【具体的な行動】

人は誰でも一人でいると孤独感を感じる。

人生で楽しかったときはコミュニティーがあり、居場所があった。

お酒や話好きな人達とは飲みに行き、運動好きな人達とはジムに行く。

野球好きな人達とは野球観戦に行く。

フランクに仕事後や休日絡む人が、職場に数人いると仕事中も明るくなる。


類義語)

  • ヘコヘコせず自然体で対等に人に接する。
  • 上下関係じゃなく横の関係で繋がる。
  • 「肩書きや立場」を一旦置いといて、一人の人間として接する。

 

ダメな思考例)

  • どれだけ人に褒められるか?の焦点を当てている。
  • 話している「内容」ではなく、「誰が?」に焦点に当てている。

 

そして自分がそのグループの価値ある一員であることを感じるために人が求めるものは2つ。

承認欲求と他者貢献。

 

しかし、承認欲求の果てにあるのは

「人の期待や評価の為に生きる。仲間外れにされない為に、人の評価に怯えるような生き方」

これでは決して幸せとは言えない。

 

対して他者貢献はどうか?

例えば、毎日仕事を頑張ってるのに、会社から評価されないと言っている人と、

仕事を頑張ることで、会社や職場のみんなに貢献できているんだ!

と感じながら働く人では、後者の方が幸せなのは明白な事実。

 

人に貢献できると感じることが自分の価値の実感に繋がり、

幸せに繋がると言うのがアドラーが出した答え。

人の手助けをして心の底から「ありがとう」と言われたときに感じる嬉しい気持ちが幸せの答え。

 

まとめ

◎自分で出来ることだけに集中する!→「課題の分離」

◎過去に囚われず自分がやりたいようにやる!出来る理由だけを探す!→「目的論」

◎共通の趣味仲間を作る。→「縦の関係を作るな」

 

エルバート、ハバード  アメリカの作家・思想家

「他人に批判されたくないなら、何もやらず何も言わなければいい。 しかし、それは生きていないのと同じではないか。」


孫正義  ソフトバンク創業者

我々が推進役として、世界中に情報革命を起こすのは何のためか。

人々を幸せにするためです。

「何のために」を忘れ去ってしまったのでは意味がない。


ニーチェ  ドイツの哲学者

「1日1日を始める最良の方法は目覚めの際に、

今日は少なくとも1人の人間に1つの喜びを与えること

できないだろうかと考えることである。」


以上、最後まで読んで頂きありがとうございます!

-サラリーマン生活, 雑記

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.