アパレル販売員時代のストレス原因と解消法。人間関係を攻略せよ!

更新日:

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

元バリバリの高校球児→アパレル販売員→デザイナーのコウイチです。

私は販売職・本社の企画で計8年間

サラリーマンをしましたので、その時のストレス原因と解消法について

具体的な体験をもとに解説したいと思います。

まだ会社続けたい方へ向けて

今あなたの感じているストレスも思考・捉え方次第で

少しでも楽になればと思います。

怒鳴る上司やネチネチ言ってくる苦手な人がいる

こういう人

必ずいますよね。

もはや居ないわけがないと思います。

自分の周りにもたくさんいました。笑

そして最終出勤日までにはみんな味方になりました。

 

1回接客付くごとに裏に呼ばれる、理詰め先輩A

先輩A「お前が昨日お前の歓迎会でした発言について話すな。」と

おもむろにメモを出してくるじゃないですか!?恐るべし!

先輩A「お前がお客さんに言ったあのフレーズ2秒遅い。」

先輩A「入りの声のトーンが低い」

先輩A「なんで比較でこれを使わない?そして全身提案しない!?」

3ケ月が経ち・・・

毎日最寄り駅に着くと吐き気がしてきたので、違う店舗に異動願を出しました。

先輩「言っておくけどな、この会社で一番優しい店長だぞ俺は!」

キレられました…

自分「では、辞めます」

先輩A「お前ゆとりかっ!?」

自分の心の声(先輩と同じ年なのでゆとり世代ではないのに…

年も覚えられていないのか。)

そこからは急に優しくなり、説得されました。

この人が苦手だったポイントは

言っていることが正論かつ高度で、たまに高圧的に言ってくる。

「正論で高度」だからキツイんですが、

ファインプレーは褒めてくれるし、

論理的じゃない人よりはだいぶマシ

と捉える様にして、店舗で一番の数字を出して認めてもらいました。

半年過ぎたあたりからは仲良くなり、残りの1年半

計2年間は厳しくも楽しい日々を過ごせました。

 

ファインプレーをしても注意してくる、姑のような先輩B

最初の2ケ月は一番数字出していたので何も言ってきませんでした。

3ケ月目からですね。キャラが変わり始めたのは…

これは思い出したくもないですね…

書くの止めようか…

書きますけども!

あるとき、初来店の親子のお客様に15万円の大口が決まった後、

「えっ、今の人いくら?なんで20いかなかったの?」

(今の人4万円で終わりそうなところを、何コーディネートも提案して

話盛り上げて15万まで伸ばしたのに…)と当時は言えずに。


こうなりました。。。

飲み会にて、理詰め先輩Aに相談したところ(もう仲良し)

 

「ん?あいつ馬鹿だから相手にしなくていいよ。

俺らとアイツ(姑のような先輩B)は次元が違うから。

てか、せっかくの飲み会で不毛な話なしだ。飲むぞ!」

 

先輩Aありがとう・・・この言葉でかなり救われました。

その後も

「Tシャツの畳が2㎜ズレてる!」(それ私ではありません。)

「接客しながらでも店綺麗に保て!」(あなたは今暇でしょ?)

「お前、本社からの評価高すぎるんだよ!」(結局、嫉妬だったんですね。)

この人が苦手だったポイントは

超高圧的に言ってくる。(地球壊すんじゃないか?くらい)

ただ言ってることがズレてるし、感情的に言ってるだけなので

「バカは相手にするな!」

との社内トップレベルの先輩の助言通りに捉え「無」になる。

こうして「無になる」というコマンドを得たわけです。


ここに至るまで、

「結果で黙らせる・論理的に冷静に言い返す・出来ない子になってみる。」

色々試しましたが、この先輩にはこれが一番有効でした。

(根本的な解決にはなっていませんが。)

相手により攻略法は異なる。

その人の性格によって攻略法が異なるので、色々試してみると良いと思います。

例えば

  • 成果主義の先輩A → 「結果」で認めてくれる。
  • 争いが嫌いな人 → 「ちゃんと自分の主張言い返すこと」で何も言ってこなくなる。
  • 兄貴分気質な人 → 「勉強不足ですみません。教えてください!」ということで、可愛がってくれるようになる。


上記のような対応を使ってもうまくいかない場合は、

残念ながら、なるべく触れないようにして日々やり過ごすしかありません。

 

味方を増やす。

自身も本社勤務になってから、

2年くらいは暗い人間に思われていたと思います。笑

ここでとった行動が

「視点を変えて逆に味方を増やす。領地拡大戦略!!」

無意識だと人間は「人の短所ばかりが気になる」ので

「人の良いところ」「自分との共通点」探して懐に入る!!!

  • 飲みや話好きな人は飲みに。
  • 運動好きな人はジムに。
  • 野球好きな人は野球観戦に。

仕事後や休日に行動を共にする。

こうすることで自分が居心地の良い環境に変わります。

そして困ったときは味方が助けてくれます。

三流は環境を嘆き

二流は環境に慣れ

一流は環境を変える

昔読んだ本より

まとめ

・相手に適した戦略の組む。

・無理そうなら距離をとる。

・味方を作ってアウェイをホームにする。


以上です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

-サラリーマン生活, 販売員

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.