【アパレル】販売員の年収を上げる3つの方法!具体例をあげて解説!

更新日:

この記事を書いている人

アパレル販売員を3年。販売員300名以上いる中、全国2位の売上を記録。その後、本社の企画職を5年したのち、フリーランス。

 

近年、アパレル業界は不振で洋服が売れない。給料も上がらない状況が続いています。

アパレル販売員で年収が低い、昇給しないと悩んでいないですか?

今回は販売員の年収上げる例を具体的に解説。

 

✅️こんな人にオススメ!

●年収を上げたい販売員
 ●年収を上げた人の実例が知りたい!

 

私自身の経験として

「毎日、予算に追われ胃がキリキリする。夜になってもレジが開いていない(売上0の状態)。この接客は決めないといけない。」

とプレッシャーの中で戦ってきたので、真剣に取り組むアパレル販売員の皆さんを心から尊敬しています。

この記事を通して1人でも"悩み解決"すれば嬉しいです。

 

結論:アパレル販売員で年収を上げる3つの具体的な方法。

①外資系のアパレル販売員

②車や不動産の営業

③本社に登用される。

 

簡単に言うと、3パターンです。

①会社を変える → 外資系のアパレル販売員

②業界を変える → 車や不動産の営業

③昇級する → 本社に登用される。

 

それぞれメリット・デメリットあるので細かく解説していきます。

 

①会社を変える ⇒ 例.外資系のアパレル販売員

 

✅メリット

  • 仕事内容があまり変わらない。
  • 業界が狭く情報が入るので、入社前と後でギャップが生まれにくい。
  • 力ある販売員さんだと、顧客さんを他社へ行っても引き継げる。(一部の人しか出来ませんが。)

✅デメリット

  • 全く未経験の新しいことがしたいという人には向かない。
  • 稀に前の会社の方が良かったという人もいる。

 

仕事内容がさほど変わらないので、1番現実的なキャリアアップ。

実際に多くのアパレル販売員が会社やブランドを変えています。

 

以前いた会社の先輩もルイ・○ィトンにヘッドハンティングされて年収を上げていました。

接客した相手が外資系アパレルの人だったのです。一人ひとり丁寧に接客することで、こんな出会いもあります。

 

とはいえ、なかなかこんなチャンスが無いので転職エージェントに登録し、市場価値を調べることをオススメします。

 

要するに

アパレル業界全体がダメ → ブラックな企業も残っている。

労働環境が合わない → 他の会社に行けばよい。

 

「他の会社に行けば良い。」

と言われば分かるけど、そんな簡単にできるわけじゃないですよね。

 

普通に考えれば

・今より良い企業に採用される保証がない。
・忙しくて転職活動をする時間がない。

などという状態かと思います。

 

こんな人は、転職エージェントに登録すると時間を奪われずに、

・転職すると待遇はどんな感じになるか

・受かりそうな企業はどこか

上記の調査を代わりにやってくれます。

 

転職エージェントが行ってくれることの詳細は下記から確認できます。

       

\完全無料&3分で登録完了/

✔クリーデンスのメリット

  • ファッション専門ならではの実績と情報量「2,800社を超える」
  • 転職サイトでは出会えない非公開求人「常時1,000件以上」
  • ファッション・人材業界出身のキャリアアドバイザー
  • 転職専門のパーソルキャリア

 

②業界を変える ⇒ 例.車や不動産の営業

 

✅メリット

  • 販売員時代に培った営業力・コミュニケーション能力が存分に発揮される。
  • 業界としての平均給与が上がるので、給与UPの確率が高い。

 

✅デメリット

  • 未経験の業界なので最初は苦労する。
  • 会社によっては未経験という点で、初期の給与が下がるケースもある。

 

転職する上で重要なことですが、"今までの経験やスキルが活かして"他業界へキャリアチェンジ。

そういう意味では"ものやサービスを売る"が共通なのでオススメです。

 

実際に車関係の営業に転職した同僚で

「仕事時間が短くなって収入もかなり上がった」

と語っていました。

 

私自身、不動産業界から年収280万円UPの話を頂いたこともあります。

単純に

売る商品の単価が上がる → 給与も上がる

という図式です。

 

もちろん、始めはストレスを感じることもあると思います。

しかし、1年ほど勤めて仕事に慣れてしまえば

「なぜ早く転職しなかったんだろう」

と思うでしょう。笑

 

 

③昇給する ⇒ 例.本社に登用される。

 

✅メリット

  • 人間関係が出来ている&実績や性格を理解してもらいやすい環境。
  • 単純に転職活動の手間がかからない。

 

✅デメリット

  • 大幅に給与が上がることは少ない。
  • 会社にもよるが、売り場より本社は多忙なケースが多い。

 

所属会社を変えずに、キャリアアップするパターン。当然ながら売り場での結果が求められます。

 

王道のパターンですと、以下の流れです。

副店長→店長→エリアマネージャー→本社の営業→課長

 

役員や部長陣が新しいもの好きの思考でしたら、

「こういうことを本社でやりたい」と声を発することで、本社登用されるかも知れません。

 

実際に前にいた会社でも、20代前半のイケメンが店長未経験ながら、本社のEC部門に登用されていました。

社内の人間関係のある中でキャリアアップ。なので、転職するよりも"人間関係のストレス"が小さいです。

 

まとめ:アパレル販売員で年収を上げる3つの具体的な方法。

 

①会社を変える→例)外資系のアパレル販売員

②業界を変える→例)車や不動産の営業

③昇級する→例)本社に登用される。

 

忙しいとは思いますが、将来の自分のために

ぜひ一度「真剣に」考えてみて下さい。

 

コウイチ
コウイチ
参考になれば嬉しいです。

 

転職エージェントが行ってくれることの詳細は下記から確認できます。

\完全無料&3分で登録完了/

-ファッション

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.