【元トップセールスマンが語る】販売員をやっていて良かったことランキング

更新日:

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

元バリバリの高校球児→アパレル販売員→デザイナーのコウイチです。

 

給料安い、土日休みがない、毎日予算に追われて胃が痛くなる…

色々つらいことはあると思いますが、実はそんなに悪くないですよ!販売員さん!

 

じゃあ何が良かったか?

 

辞めてから感じたことを個人的な視点でランキングにして、

赤裸々に書いていこうと思います。

5位 社販出来る。(新作の洋服を安く買える)

これはあるあるだと思います。

最新作を40%OFF~60%OFFで買うことが出来るのは

アパレルならではの長所だと思います。

(※OFF率に関しては、会社・ブランドによります。)

 

気をつけないと高給取りではないので破産します。

入社してすぐは必要以上に買ってしまいます。笑

1年以上すると毎年発売される「定番商品」を買うようになります。笑

 

好きなブランドに配属された人は本当に魅力的なポイントだと思います!

4位 平日休み。

 

販売員時代を経て、土日休みになったので「平日休みの良さ」を知りました。

無駄にディズニーランドとか行ってしまいます。。。空いているので。

どこへ行っても混んでいる土日休みと違って、

観光地やショッピングモールもゆっくり満喫できます。

逆に土日休みの友達とは疎遠になりますが。

 

3位 オシャレ好き・ノリの良い仲間がたくさんいた。

 

単純に楽しいです。波長が合う人たちと働くのは!

やっぱり仕事に取り組む、気合いの入り方が違います。

男子校で文化祭するのと、共学で文化祭するので楽しさが違うのと似ています。

頻繁に他のブランドのメンバーと飲み会をしていたのが楽しかったなぁ…

忙しかったセール後や,予算達成した後のビールは格別で一生忘れないと思います。

 

2位 好きな洋服に囲まれていた。

 

自分の部屋は好きなものに囲まれているので居心地良いですよね~。

やっぱりきれいなお店、毎週入荷する新作を楽しみに仕事場に行くのは気持ちが違います。

仕事後になかなか洋服屋さん見に行けない。

土日は家でゆっくりしていたいという方もいると思います。

販売員であれば自分のブランドのみならず、

他ブランドのチェックもすぐ出来るという点も良かったなぁと思います。

 

1位 仕事辞めた後も生きるスキルが身についた。

 

会社員の魅力って「仕事で給料をもらいながら自分のスキルアップ」出来ることだと思いますので。

特に販売員さんで結果出している人は共通して、

めちゃめちゃ戦略的です。(当たり前ですが)

 

それはそうですよね。

接客する度に分析して、どうすればもっと良い結果が出るように、

より確率を上げられたか?

時間ごとにどういう店の展開にしていれば入店増やせたか?

日々PDCAサイクルをしているわけですから。

 

※PDCAサイクル(plan-do-check-action cycle)

最近は「フィードフォワード」→「アクション」(FFA)プロセスも

言われていますが話が逸れるのでこの話はまた今度に。。。

 

瞬間瞬間で適切な言葉やアプローチし、

お客様が言葉にしていないことまで察して先回りしをするスーパー販売員こそ

「コミュニケーション能力の最高峰」

だと感じたからです。

以上、販売員をやっていて良かったことランキングでした。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

-ファッション, 販売員

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.