現役デザイナーが語る。企業デザイナーになって辛かったことランキング【解決策付き】

更新日:

こんにちは!こんばんは!おはようございます!

元バリバリの高校球児→アパレル販売員→企業デザイナーのコウイチです。

今回は企業デザイナーになって辛かったことランキングを話したいと思います。

(現役の企業デザイナーがこんなこと言っていいのでしょうか?笑。)

好きなことをして「安定した給料もらい生活できる」のは、

とても魅力的なことだと思います。

しかし短所もあります。

あなたが目指す世界の現実を認識してもらい、

後悔のないように挑戦して欲しいです!

自分の作りたいデザインの洋服を作れない。

 

夢見る学生のみなさんすみません。これが現実です。笑。

仕事なので当たり前ですが、オリジナリティーのある洋服よりも数字の取れる洋服が求められます。

はじめのうちは割り切って仕事に取り組んでいくと思いますが、

ふとした時に「あれ?こうなりたかったんだっけ?」と思うことがあります。

何を隠そう僕自身がそうでした。

デザイナーになりたいと思い始めてから、11年の月日を要し、

多額の資金を投入したから簡単には辞めれない。

そしてズルズルと仕事を続けてゆくのです。

 

基本的にトレンドをリサーチし、その時代に合った服のデザイン、

素材を使って洋服をつくります。

よくショッピングモール等でフロア歩いていて、

同じような服がたくさんフロアに溢れているのもこの為です。

企業所属の企画職は、あなたが思ってる以上に権限が無いです。笑

MDやブランド責任者のOKが出るものがのみ商品化されます。

【解決方法】
→店舗数が少なく、攻めた企画をしているブランドに就職をする。
自分の好きなテイストのブランドに就職する。
これにより100%自分の作りたい服では無いにしろ、

好きな服をデザインすることが可能になります。

年収が低い。

 

アパレル業界全体に言える事ですが、仕事量に対して年収が低いです。

入社後8年目(大卒)でも額面500万に行かない人がほとんどです。

※売り上げが上り調子かつ、ベンチャー気質な会社は給料がいいです。

原因としてはアパレル業界全体の売り上げの不振、安定した企業運営の為です。

【解決方法】
→同業転職を繰り返し、年収を上げていく。
オリジナルブランドを立ち上げる。
フリーランスになる。
副業するなどが挙げられます。

待遇が厳しい。

 

世間では働き方改革が言われていますが、まだまだ体育会系の会社が多いです。

仕事の作業量も多く定時に上がれる事はほとんどないです。

これはデザイン以外の膨大な雑務。

段取りよく行動しても、サンプルアップから修正またはボツになる可能性がある為です。

【解決方法】
→人の目を気にせず定時に上がる。
圧倒的作業量によってスピードアップする。
頭をフル回転し最短の処理方法を見つける。

要望を聞き先回りする。
上の立場の人間からOKが出るようなプレゼンテーションをする。
常に補欠の案を複数用意しておく。

まとめ

  • 自分の作りたいデザインの洋服を作れない。
  • 年収が低い。
  • 待遇が厳しい。

今回はネガティブな面を話しましたが、

楽しさ&やりがいは「考え方一つ」でいくらでも見出せます。

ファッションデザイナーになって良かったことランキングも併せてご覧ください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

-デザイナー, ファッション

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.