ファーストリテイリングはブラック?13年目の社員からのリアルな話

更新日:

アパレル業界にいると「ファーストリテイリングは給料良い」

「ファーストリテイリングってブラックなの!?」という声が聞こえてきます。

 

ちょうど同級生が「ファーストリテイリング(※ユニクロではない)13年目の社員」なので、

実際に会って”根掘り葉掘り”聞いちゃいました。

 

結論から言うと

「俺はファーストリテイリングじゃなかったら

とっくにアパレル業界から脱出しているよ」

彼のこと一言に全てが集約されていると思います。

 

続けて彼は「ホワイトなアパレル企業はある。ただ知られてないだけなんだよね。」とも語っていました。

 

私自身、アパレル業界8年いた頃は悪い部分ばかり気になっていました。

✅人間関係問題(配属ブランド・配属店舗で人生が決まる)

✅薄給問題(共働きじゃないとキツイい)

✅キャリア論問題(販売員の先どうするか?)

 

ところが同級生は3つの話も心配していない様子。

最近では働き方改革の影響もあり、ホワイトなアパレル企業も増えてきたのです。

 

実際に私がいた会社でも、今は残業時間の削減が進んでいます。

(昔からは想像できないくらいに。笑)

 

要するに

アパレル業界全体がダメ → ブラックな企業も残っている。

労働環境が合わない → 他の会社に行けばよい。

 

「他の会社に行けば良い。」

と言われば分かるけど、そんな簡単にできるわけじゃないですよね。

 

普通に考えれば

・今より良い企業に採用される保証がない。
・忙しくて転職活動をする時間がない。

などという状態かと思います。

 

こんな人は、転職エージェントに任せると時間を奪われずに、

・転職すると待遇はどんな感じになるか

・受かりそうな企業はどこか

上記の調査を代わりにやってくれます。

 

転職エージェントが行ってくれることの詳細は下記から確認できます。

\完全無料&3分で登録完了/

✔クリーデンスのメリット

  • ファッション専門ならではの実績と情報量「2,800社を超える」
  • 転職サイトでは出会えない非公開求人「常時1,000件以上」
  • ファッション・人材業界出身のキャリアアドバイザー
  • 転職専門のパーソルキャリア

 

年収高いのが魅力?ファーストリテイリングの年収テーブルから分析。

 

実際に聞いた年収

大学の同級生は「まず、給料が良い!!」と語っていました。

▼ちなみに彼の場合

34歳

店長

年収 約500万円。

ボーナス約50万円×2回。

※ブランドは伏せておきますが、ユニクロではありません。

 

自分もアパレルで販売員3年、

本社の企画職(デザイナー)として5年勤めましたがコレは驚き。

 

▼参考までに、アパレル業界平均も載せておきます。

アパレル業界平均

34歳

年収374万円

最大ボーナス46.8万円×2回

 

販売員時代に周りに聞いた感じでは

こんなにボーナス貰っている人はいなかったです。

 

これは販売員さん以外に本社勤務の人を含めた

数字なので高めに感じます。

 

アパレル業界の平均と比較しても一目瞭然。

異例の年収と言えます。

 

年収テーブル

出典:ファーストリテイリングHPより

2013年8月時点のもので、決算賞与を含む。

年収テーブルには、2012年~2013年の給与

 

✅️グレード

️✅️年収(※平均・最低・最高)

✅️年齢(最低~)

✅️役職

 

など記載されています。

コレを見るだけで、入社後のキャリアアップが見えてくる。

 

大卒と仮定して、22歳で店舗社員または本部社員として配属。

J-1からスタートする。平均年収は394.6万円。

 

店舗社員は店長に昇格すると(最短半年)

S-2となり、23歳で平均年収548.1万円が可能。

 

“スーパーバイザー”“スター店長”クラスになると、平均は「548.1万円〜818.7万円」

最速で昇格すると、28歳で”S-5”「平均818.7万円」「最大1,235万円」

 

“スーパースター店長”や“部長”にあがる管理職になると、平均は「987.8.万円〜3709.2万円」と一気に格差が広がる。

驚きなのは、このクラスに最速32歳でなる人もいることだ。

“スーパースター店長”になると、最大年収5000万円以上になる。

 

結果を残す人には可能な限り応えようとの意図がみえる。

見方を変えれば、格差がとんでもないとも言える。アパレル販売員の多くの人は店長止まりだからだ。

そう考えると、「平均394万円〜548万円」「最大460万円〜792万円」と捉えることができる。

 

とはいえ、薄給のアパレル業界では、異例とも言える出来高制給与だ。

 

ファーストリテイリングの仕事内容は実際どうなのか?

 

今回聞いたのは、店頭に立つ販売員さん。

 

▼出勤時間

早番:9:30~19:00

遅番:12:00~21:30

実働8時間(休憩1時間30分)

 

▼公休:月9日(2月のみ8日)

有給休暇の使いやすさは、店舗と店長による。

※公休・有給休暇とは別に、特別休暇が半期で8日ある。

 

▼有給休暇を年間何日使っている?

有給休暇のみでは6日~8日くらい。

※年間6日間の有給休暇取得義務。

 

仕事内容

①商品の品出し

️②在庫管理

️③ディスプレイ作り

️④接客

 

アパレル業界の現状としてEC事業(ネット販売)の拡大により

店舗の忙しさは軽減されています。

 

「目が回る!忙しい!」というのはセール時期だけです。

(むしろブランドや店舗によってはセール時期もヒマです。)

 

なので、忙しさというのは下記次第です。

 

✓時期

✓お店の場所

✓ブランド

 

有名ブランドであれば平日でもお客さんは多いですし、田舎であれば土日でも少ないです。

 

『良かったこと』は”グローバルな視点”で会社が”成長を促す姿勢”

キャリアチャレンジプログラムによって

自身のキャリアについて自発的に考え

”グローバルな視点”で会社が”成長を促す姿勢”も『長所』であると語っていました。

 

キャリアチャレンジプログラムとは!?

キャリアは与えられるものではなく、自ら開発していってほしい。

それをサポートするのがキャリアチャレンジプログラム(社内公募制度)です。

また自己申告制度は継続的に自身のキャリアについて考え、希望する将来のキャリアイメージを会社に申告する制度です。

 

キャリアチャレンジプログラム、自己申告制度は半期に1回実施。

海外やグループ企業へ。店舗から本部、本部から店舗へ。

多様なチャレンジが可能です。やりたいことに手をあげる。それが基本です。

出典:ファーストリテイリングHPより

 

ファーストリテイリングに”アパレル業界の闇”は当てはまらない。

ファーストリテイリングの同級生は語っていました。

 

「こういちが前書いた記事読んだけど、うちの会社では無いなぁ~ああいうこと!」

「ああいう話は聞くんだけど、実際にあるんだ~と思ったよ。」

 

▼下記の記事の話です。

「アパレル業界の闇~販売員編~」アパレル8年で辞めたデザイナーが語る。

 

思いっきり「アパレル業界あるある」の話を書いたつもりでしたが、

「ファーストリテイリング」では聞かないそうです。

 

とはいえ、人間関係の悩みが1番大きいと思います。

「人間の悩みは、全て対人関係の悩みである」

アルフレッド・アドラー

と言っている通り、“誰と働くか?”が重要になります。

 

まとめ:アパレル業界でもいい会社は存在する。

私自身がアパレル業界8年いた頃、気になっていた問題点。

✅️人間関係問題(配属ブランド・配属店舗で人生が決まる)

✅️薄給問題(共働きじゃないとキツイい)

✅️キャリア論問題(販売員の先どうするか?)

以上のことが気にならない会社は存在します。

 

もし、今いる会社に待遇・将来性を感じられない場合は

自分の市場価値を確認してみて下さい。

 

詳細は下記から確認できます。

\完全無料&3分で登録完了/

✔クリーデンスのメリット

    • ファッション専門ならではの実績と情報量「2,800社を超える」
    • 転職サイトでは出会えない非公開求人「常時1,000件以上」
    • ファッション・人材業界出身のキャリアアドバイザー
    • 転職専門のパーソルキャリア

-ファッション

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.