意外と何とかなる。フリーランスで生活している人の生の声と見習うべき点。

更新日:

こんにちは、こんばんは、おはようございます。昨日、脱サラしましたコウイチです。

 

今回は、「会社を辞めても死ぬわけじゃない。意外と何とかなる。なので気楽に生きる。」ということに関して、

書きたいと思います。

 

職業柄、周りの友人にフリーランスが多いので、

辞める前に何人か話を聞いてみました。

 

フリーランスで生きている人たちの生の声を聞いてみた。

企業のデザイナーを3年ほどで辞めた友人

 

彼は先日飲んでいる際にこんな事を言ってました。

「企業勤めの頃は奥さんの方が給料高くて、割り勘すらシンドかった…

今は自分の方が高いので、子供の服も、奥さんへ良いものをプレゼント出来る。」

 

「デザイナーだけではなく、生産の仕事もやっているし、やったらやった分だけ収入が増えるのが魅力だよね。」と。

 

今の取引先も、前の会社の先輩から紹介されたとのこと。

 

彼から見習うべき点

  • 企業にいる間に専門スキルを身につけた。
  • 会社の人たちから信頼を得た。

いやいや、彼は元々賢い人間だ。違う人にも聞いてみよう!

そう思ったコウイチであった。

 

企業のパタンナーを5年半で辞めて独立した友人

学生時代、彼の家に遊びに行ったりしていたが、最近ご無沙汰になっていた。

そして去年、彼は個展を開き12日間で600万を稼いでいた。

 

彼はとにかく学生時代から、先生の意見を聞かない男だった。笑。

社会人になってからもメンズのアパレル業界は狭いもので、

あいつが凄い結果を出している!と風の噂では聞いていた。

 

彼から見習うべき点

  • 好きなもの、自分の信念を貫く。
  • ニッチなことを深掘りして、オタクになる。

 

よくイケハヤさんが言っている。

「何かの専門家になれ!」って事ですね。

 

僕が学生時代、先生にコテンパンに叱られ凹んでいたところ

「俺はコウイチが造ったコート、1番好きだけどな。」とサラリと言ってきた。

それ以来、僕は彼のファンだ。笑

 

最近、知り合った小卒の個人事業主。

中1で学校を辞め、16歳頃自転車で日本一周しちゃう行動派!

「脱サラおめでとうございます。

僕なんてもう5年近くニートみたいなもんですし。笑。

辞めたら辞めたでなんとかなるもんです。笑」

 

15歳で料理人として働き始め、今年で独立して10年。

今ではフィリピンと日本を行ったり来たり。

側から見ると楽しそうにやってます。笑

 

彼から見習うべき点

  • 圧倒的な行動力。
  • ポジティブマインド。

 

フリーランスに向けて、具体的に用意するもの。

貯蓄と言う名の精神安定剤。

定期的な収入源を複数。

保険として、次なる就職先。

 

貯蓄と言う名の精神安定剤。

これはあなたもご存知の通りなので、多くは語りません。

 

例えば、「幾らですか?」

と言われても、

あなたが今後どんな事業やるか?次第なところもありますので、

 

「多ければ多いほど良い」

くらいしかお答え出来ないです…

 

定期的な収入源を複数。

生活費くらいは入ってくるシステムを作っておきましょう。

 

保険として、次なる就職先。

自分は5カ所ほど、ウチに来ないか?

と言ってくださるところがありますが、

あんまり待たせると無くなります。笑

 

これは無い方が"背水の陣"だ!

と燃えるタイプは無くても良いかも知れません。

 

まとめ

  • 企業にいる間は、スキルと信頼を勝ち取る。
  • 好きなこと、やりたいことを明確にする。
  • 即行動し、忍耐強く継続する。

 

「正しい方法」「継続」し、コツコツと努力すると道は開ける。

 

高速でPDCA回して、鬼作業する。

最初の数年はシンドくても、諦めなければ、会社員の頃より稼げる可能性がある。

 

やったらやった分だけ収入増!

コレがフリーランスの魅力だと思います。

 

簡単ですが、以上です。

おそらく、明日追記します。笑

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

-脱サラ

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.