確定拠出年金iDeCo(イデコ)は節税になる?どんな人にオススメ?

更新日:

金融庁は3日、人生100年時代を見据えた資産形成を促す報告書をまとめた。

長寿化によって会社を定年退職した後の人生が延びるため、

 

95歳まで生きるには夫婦で約2千万円の金融資産の取り崩しが必要になるとの試算を示した。

公的年金制度に頼った生活設計だけでは資金不足に陥る可能性に触れ、長期・分散型の資産運用の重要性を強調した。

 

男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼った生活設計だと毎月約5万円の赤字が出るとはじいた。

これから20年生きると1300万円、30年だと2千万円が不足するとした。

2019年6月3日 日本経済新聞より

 

こんにちは!コウイチです。

先日、上記のような年金のニュースが出て話題になっているので

 

今回は確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれくらい節税になるのか?

どんな人が向いているのか?

 

説明していきます。

 

結論:確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれくらい節税?どんな人にオススメ?

 

結論①:確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれくらい節税になるのか?

会社員/企業年金無し/30歳/年収450万/月23,000/運用利率3%の場合

年間55,200円の節税は大きいですね。

 

会社員/企業年金あり/25歳/年収400万/月5,000/運用利率3%の場合

年間9,000円しか節税できない。

なので、月々少ない金額しかできないという人は

あまり節税の恩恵受けないですね。

 

結論②:どんな人にオススメ?向いている人は?

  • 安定収入がある人。
  • 月々2万円くらい入れられる人。
  • 国内居住者。
  • 60歳まで引き出せなくても困らない人。
  • 普通に貯金をするなら、節税になる確定拠出年金iDeCo(イデコ)がオススメ。

 

ここからは、結論にいたる理由をより細かく解説します。

 

確定拠出年金iDeCo(イデコ)とは?

確定拠出年金iDeCoとは?

国が用意する個人型年金。iDeCoとも呼ばれている。

通常の年金(国民年金・厚生年金)と違い、かけた分は自分がもらう年金。

 

現在、利用率は1.6%程度。利用者数172万人。

要するに98%の人がやっていない。

 

やっていない理由としては

  • 制度がよくわからない。
  • 加入手続きが複雑すぎる。
  • 利用するメリットが特にないと考えている。
  • 投資信託の商品数が多すぎて選択できない。

 

政府はなぜ?この減税をしたのか?

簡単に言うと、「自力」で資産運用して欲しいから。

国民年金・厚生年金だけで、老後働かずに生きていくのは厳しいと分かっていたと考えます。

 

メリット

  • 掛け金が全額「所得控除」になる。→節税。
  • 運用益も非課税。
  • 60歳以降の受け取りのときも税金が優遇。

※所得税・住民税は以下の式によって決まるので、

所得控除と経費を上げると、節税になる。

 

会社員:給与-所得控除=課税所得

個人事業主・経営者:売上-経費-所得控除=課税所得

 

デメリット

  • 60歳まで引き出せない。
  • 受け取りのとき、退職金ため多少の税金がかかる。
  • いくらもらえるかは確定していない。

 

 

向いていない人

  • 所得が低い。かつ不安定な人。
  • 海外居住者。
  • 60歳まで引き出せなくて困る人。

 

向いてない人の理由

  • 年金なので60歳まで引き出せない為。
  • 途中解約も出来ない。
  • 掛け金の変更も面倒。
  • 掛け金が少額だと税制優遇も小さい。→毎月5,000円を35年積立。年間9,000円の節税。

 

補足:老後、2,000万円無いと生きていけないの?

 

感想としては、いろんな人が言っていますが、

今の20代・30代が「そもそも、年金満額貰えると思ってなかったわ!」です。

 

と言っても話進まないので、

 

老後、月々5万円入ってくる仕組みを作っておきましょう。

体が丈夫な方なら、労働(ビルの管理人・清掃業)でも良いでしょう。

 

自分であれば、万が一に備え、

不動産投資・株で入ってくるようにしておきます。

 

そもそも論として、病気・不慮の事故もありますからね。

(縁起でも無い。)

 

まとめ:確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれくらい節税?どんな人にオススメ?

確定拠出年金iDeCo(イデコ)はどれくらい節税になるのか?

会社員/企業年金無し/30歳/年収450万/月23,000/運用利率3%の場合

年間55,200円の節税。

 

どんな人にオススメ?向いている人は?

  • 安定収入がある人。
  • 月々2万円くらい入れられる人。
  • 国内居住者。
  • 60歳まで引き出せなくても困らない人。
  • 普通に貯金をするなら、節税になる確定拠出年金iDeCo(イデコ)がオススメ。

-脱サラ, 雑記

Copyright© 脱サラリーマンの現在地 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.